kousuke kitamura

記事一覧(14)

実は…なご紹介。

昨日は都内のマンションにお住いのM様ご夫妻がリフォームコンパス東京表参道店にお越しくださいました。少し前に「暮らしの診断シート」でお申込みをいただいており、業者選定報告書をすでにお送りさせていただいていたのですが、「やはり直接説明を聞いてから選びたい」、とのことでご来店いただくことになりました。リフォームコンパスでは、お客様の計画やお考えに合わせて最も合っていると思われる業者を、我々専門のスタッフが協議してご選定、お知らせをしております。実はこのプロセス、一番大事なところかもしれません。大規模なリフォームの経験がほとんどない業者さんや、お客様のご要望に対して合っていない業者さんは実はたくさんあったりします。うっかりそういうところに声を掛けてしまっても、なかなか気づかずに工事の際にトラブルになってしまうこともあるのです。M様はご主人様がしっかりとご要望を紙にまとめてくださいっていました。それを拝見しながら、あらためてお考えのリフォームについてお聞きし、また、選定させていただいた業者さんについてもホームページを見ていただきながら、ご説明差し上げました。ご来店いただいた場合、より具体的にご説明差し上げることができたり、「実はこの会社はこう見えて…」なんていう、ホームページ上では決して分からないスゴさなどもお伝えさせていただくこともできたりするんです。結果、M様からは紹介のご依頼をいただくことになりました。まだまだご自宅のリフォームは始まったばかり。これからもしっかりサポートさせていただけたらと思っております。M様、ご来店ありがとうございました。

ほとんどの方が"初めて"なんです

昨日は新しくお客様がご夫婦でお越しくださいました。ご実家が空き家になっており、その1階部分を中心に大幅なリフォームをして移り住みたいというご希望です。既に1社リフォーム会社さんには相談に行ってみたとのお話でしたが、やはり大規模なリフォームは初めてのご経験。どのように進めたら良いのか…という戸惑いの中から動き出されているようでした。そうなんです。ここが大切。ほとんどの人が経験したことのない、家族の一大プロジェクトなのです。そして、既存の建物がある分、実は新築よりも難易度は高め。わからなくて当然なのです。昨日は図面もお持ちいただいていましたので、家の様子もお伺いしながら、私共のご紹介の仕組みについて、ご説明させていただきました。そして、事前にお送りいただいていた情報から、リフォームコンパスとして最適だと思われる業者さんの候補をピックアップしていた6社をご案内させていただきました。各社のホームページを一緒に眺めていただきながら、「自分たちでは絶対に見つけられない!」と感動のお声も。そうなんです。ご自身で調べようとしても、どうやって調べたらいいのかが分からないそれが本音じゃないでしょうか。検索しても上位に来るのは、大量の広告費をかけている大きな会社やそもそも「広告」だったりしますもんね。ひとつひとつ、会社さんの説明をしつつ見ていただくとご夫婦ともにすごく悩んだお顔。でも、いやな表情ではありません。どこも魅力的で困っておられるのです(笑)。結果、すでにご依頼されている業者さんが2社ありましたので、話を聞いてみたいと思っていただける3社様をご紹介させていただきました。帰り際に、奥様が振り返りながら「楽しみになってきました」と微笑んでいただいたのが、とても印象的でした。リフォームコンパスはご紹介させていただいた後も、お気軽にご相談していただけるようにしています。また、いい顔で悩まれているご夫婦にお会いしたいなと心から思いました。Kousuke Kitamura

お客様の判断基準

昨日は以前にご来店・ご紹介させていただいたお客様があらためて東京表参道店にご夫婦でお越しになりました。各社の提案が出そろった段階で、専門家に相談して判断したい、との内容です。席に着かれると、ご主人様は経緯を含めて丁寧にご説明くださいました。要望として各社に伝えられたこと、そしてそれに対する提案や見積り。それぞれの会社ごとの特徴が大きく出ているように思われました。一社はとてもすばやく対応されたものの、提案に対する説明が不足しておりよく分からない…とのご印象。一社は熱心に要望を聞き、応えてはくれたものの、既製品を利用するなど、安くする方向性での提案だった感じ。そして一社に対しては、思いもしなかった「提案」をしてくれたとの印象をお持ちに。お客様の判断基準は様々です。限られたご予算の中では、当然予算を無視した提案をしても意味がない場合があります。その一方で、これから家族で住まうにあたって、納得のいくリフォームをしたい、これが大きなリフォームは最後になるだろうから、満足いくものにしたい、とお考えになるお客様も大勢いらっしゃいます。今回のお客様はどちらかというと後者でした。最後の会社さんへと担当者の方への期待感が大きく、やはりご夫婦の中では、ほぼ決めておられたようです。そこに専門家としての意見・判断が欲しかったというところなのだと思います。私は感じた思いをそのままお伝えしました。すると、お客様のお顔から迷いの表情が消え、「じゃあ、もうここにお願いすることに決めます!」とその場でご決断をされました。やっぱり決まっていたんですよね(笑)。最後に、リフォームコンパスを利用しなければ、今回のいずれの会社とも出会えなかったこと、リフォーム業者の選択に際して、納得できる判断を下せたことを大変喜んでお褒めをいただきました。私たちにとっては何よりも嬉しいお言葉です。お客様にとって、リフォームの詳しいご計画はまだこれから始まることになる訳ですが、ぜひ素敵なお家にしていただきたいなと、心から思いました。リフォームコンパスのご利用、ありがとうございました。

本当に良い提案とは?

昨日は、都内のマンションにお住まいのS様ご夫妻が、あらためてお越しくださいました。最初は、暮らしの診断シートからお問い合わせをいただき、その後リフォーム会社の選定報告書をお送りした後にご相談に来ていただいていました。その際にご紹介したのが、3社。いよいよ提案が出そろったということで、2度目のご来店になります。ご紹介させてもらった会社さんが、実際にどんな提案をされているのか…実は私も楽しみだったりするんです。ご来店後、S様ご夫妻は順番に各社の提案資料を見積りと共に見せてくださいました。経緯などもお伺いしていると、ある会社の提案がとても気になりました。プラン図の中に書き込まれた細かな提案内容。単に綺麗にしたり、新しい設備を入れるだけではない、お客様の暮らしをしっかり考えた間取りや配置。そこで、お伺いしたんです。「こちらの会社さんがすごくしっかりと提案されていますね」と。すると、奥様は少し明るく得意げな表情をされながら、「すごく細かなところまで聴いてくださったんです。 生活の仕方とか、私たちの暮らしとかについて!」そうなんです。本当にお客様に合った家を作ろうと思うと、一般的な形・・・というのではなく、その人の暮らし方をしっかり聴いて行かないとできないものなんです。価格的には一番安かった訳ではありません。でも私から見て、ご夫婦共にその会社さんのことが一番気になっていることがよく分かりました。客観的にご要望されたことなどもお聞きして、その会社がいかにしっかりと提案されているか、またそれが誰にでもできるものではない、ということをご説明差し上げると、とても満足されたような感じでお帰りになられました。まだご自身で最初に依頼されていらっしゃった会社さんの見積りが出ていないとのことでしたので、結果はまだもう少し先になりそうですが、きっとご満足な会社選択をされるのではないかなと思います。何度もリフォームを繰り返す方は、そう多くはありません。大掛かりなものとしては、一度きりのリフォームだからこそ、しっかりと間違いのない会社選びをしていただきたいと思いました。S様、ご来店ありがとうございました。

リフォームコンパスってアナログなんです…。

先日は、暮らしの診断シートをお送りいただいて、その後リフォーム業者の選定報告書をすでにお送りさせていただいているお客様より来店のご予約がございました。実は以前に某ハウスメーカーにお勤めでいらっしゃって、業界のことなど、かなりご存知のお客様でした。ですので、むしろ、選定報告書の内容についてのご質問やご相談というよりは…リフォームコンパスってどんなところ?っていうのをご覧になっておきたかったようです(笑)。もちろん、大歓迎でございます♪私もかつて縁のあるハウスメーカーでもありましたので、ざっくばらんに色々とお話をさせていただくことができました。その際に、他の大手(リフォーム会社)紹介サイトでも頼んでみたものの、情報が転送されるだけのシステムだったので、全社お断りした、という経緯があったそうです。リフォームコンパスは大手資本の紹介サイトと違って、残念ながら、かなりアナログな会社です;地道に会社を調べ、それぞれのお客様に向けて、紙で報告書をお作りし、郵便でお送りしています。メールで全部できるこの時代に…です。わざわざそんなことをしているのには、理由があります。実はお客様それぞれでご事情は違いますし、建築業界に長くいる私たちにとって、システムで振り分ける…というところにとても違和感を覚えたからです。結果、そういった私たちの姿勢を、そのお客様はたいへん褒めてくださいました。とてもうれしいお声でした。ありがとうございます。これからも、一件一件、真摯に対応していきたいと思います。これからもよろしくお願い致します。Kousuke Kitamura