kousuke kitamura

記事一覧(58)

外せない提案内容

少し前ですが、A様ご夫妻が再びリフォームコンパス東京表参道店にお越しくださいました。前回は娘さんと一緒に、どのリフォーム会社に頼んだらいいのか、というご相談でお見えいただいたのですが、今回は、それから少し時間も経って、いよいよ各社の提案が出そろってきた段階とのことでした。リフォームコンパスでは、ご紹介時だけでなく、その後のご相談も承らせていただいております。今回のポイントは、3社で大きく価格差が開いていること。ご予算を重視して、それに合う様にと提案してくれた1社が最も安かったのですが、それ以外の2社はご予算オーバーしていらっしゃるとのことでした。しかし、見積りの内容などをA様と一緒に見ていくと、耐震補強やご希望のベランダの扱い方などにおいて、安い会社には抜けている要素も多く見受けられました。もちろん、説明は受けられているのですが、特にご主人様は耐震補強が非常に気になっていらっしゃる様子でしたし、工事の範囲や規模を考えると、私個人としても耐震補強は行うべきだと考えられる内容でした。その後も色々とお話をお伺いしながら、どうすべきかのご相談をさせていただき、各社には修正の提案をお願いするようにしていただきました。そして、まだ迷われるようであれば、ぜひあらためてご来店ください、ということでその日はお帰りになられました。数日後、A様からは最初から耐震補強の提案をしてくれていた会社に決めた、とのご連絡をいただきました。色々とご相談された結果、キッチンのプランもその会社の提案が良いと思われ、結論に至ったご様子でした。当初のご予算からはかなり上回った金額でのご決定ですが、やはり今のうちに家をしっかりと綺麗にしておきたい、というご判断だったのでしょうね。A様は現在、決められた会社さんとの最終的なお打合せを進めていらっしゃいます。後から耐震の提案をしようとしていた会社さんもあったのですが、やはり、どういう姿勢でご提案をしていくのか、というのは大切な要素でもあるんですね。そんなことをあらためて気づかせていただいたような気がします。A様には、ぜひ良いリフォームをしていただきたいなと思っております。ご来店、ありがとうございました!

専門家だからこそ

先日、リフォームコンパス東京表参道店にK様ご夫婦がお越しくださいました。先に暮らしの診断シートをお送りいただいていましたので、およその内容は分かっていましたが、すでに3社の大手とお打合せを進めていらっしゃっており、また、地元の工務店などにもお声がけをされて、かなり内容は固まってきているとのお話でした。あらためてご相談にいらっしゃった経緯をお聞きすると、実はある相談窓口に行かれて相談をされたものの、大手ばかりを紹介されて、どうしても見積りが高くなってしまって…とのことでした。建物自体も古い木造と鉄筋コンクリートの混構造になっている点や片側は小さいとはいえ、敷地内に2棟建っているとのことでしたので、どうしても費用的にはかさんでしまっている様子でした。ただ、以前に相談に行かれた窓口では、自動的に大手のみをご紹介された様子でその点には納得されていなかったのかと思います。難しい内容かとは思いましたので、規模が小さくても実力のある会社3社をご紹介させていただきました。プランはほぼ固まっていらっしゃいますので、提案の要素は少なくなってしまうのですが、K様ご夫妻のご意向を汲み取った良い提案をしてもらいたいなと思います。リフォーム会社を紹介するサイトはすでにたくさん存在しています。一方で、特に大規模なリフォームについて、その内容や特徴に合った会社をご紹介できているところがどの程度あるのか、という点に関しては、実際はとても難しいところかと思います。というのも、広告会社が運営していたり、大規模リフォームについて知識のない人が紹介をしていたりするからです。リフォームコンパスは実際にリフォーム業界に長く居て、数多くのお客様と接してきたスタッフだけで運営させていただいています。そういう意味では、様々なご相談に第三者として応じることができますので、ぜひ、お気軽にご相談いただけたらと思います。K様も素晴らしいリフォームが実現できますように。今後ともよろしくお願い致します。

遠隔地のリフォーム

先日、大阪からO様がリフォームコンパス東京表参道店にお越しくださいました。ご出張で東京に来られた際に、お立ち寄りいただいたのですが来春からの転勤が決まっておられるそうで、こちらで中古物件を探されて、リフォームをというご計画とのことでした。しかし、まだお住まいは大阪。ご出張がしばしばあるとのことですので、タイミングを合わせてお打合せを進められるとのお話でした。大規模リフォームの場合、時々こういった遠隔地リフォームのケースが出てきます。多くの場合では、打合せの為だけに行ったり来たりは難しいことが多いので、お住まいの地域で打合せを進め、実際には建築地の支店などで工事を行うというパターンが多くなります。ところが、全国各地に支店展開しているリフォーム会社はというと、大手リフォーム会社に限られてしまうのです。O様の場合には、幸い東京に来られる機会も多いとのことでしたので、地域に密着した会社も含めて、ご紹介させていただくことになりましたが、一般的には、大手の会社に問い合わせをして対応してもらうことになりがちです。ところが、です。大手には大手ならではの弱点があります。それは、大勢のスタッフを抱えている分、どの担当者に当たるかによっては良い提案を受けられない可能性も高いという問題です。例えば、自動車のように出来上がった製品を購入する場合にはあまり問題ではないのですが、リフォームの場合には、担当者自身が要望の聞き取りから提案の作成まで担当することが大半なので、その担当者によって提案内容は千差万別となり、いかに自分たちの想いを汲み取って提案してくれるかは、その人の実力や経験値によって大きく異なってくるという側面があるのです。そういう意味では、大手の会社・人数の多い会社であるほど、本来は担当してくれる人をじっくり吟味して選びたいところではあるのです。しかし、初めて問合せをするのに、人を選ぶことなんてできないのが実際のところ。そこで、私どもリフォームコンパスを活用していただくメリットが出てくるのです。リフォームコンパスでは、大規模なリフォームに限定していますので経験値の高い、ベテランの実力ある担当者を指名してご紹介をさせていただいております。そうすることで、リフォームの成功確率は確実に上がると言って良いでしょう。O様はむしろ特別なご事情でいらっしゃいますので、特徴ある良い会社をご紹介できましたが、それ以外の遠隔地のリフォームをお考えのお客様にも、ぜひリフォームコンパスをご利用いただけたらと思っております。O様、ご来店ありがとうございました。物件探しと並行しての動きになりますので、大変かと思いますが、良いお家づくりのお手伝いができればと思っております。今後とも、よろしくお願い致します。

複雑な構造のリフォーム

先日、リフォームコンパス東京表参道店にO様ご夫妻がお越しくださいました。お問合せの時点で、建物がとても複雑な形になっていらっしゃるご様子で、それを前提に業者を選定、すでに報告書をお送りさせていただいていたお客様でした。具体的には現地を確認しながら、というのはもちろんなのですが、やはりそういった複雑な建物でもあるだけに、直接話を聞いてみたいと思っていただいたのだと思います。ご来店いただいて、メールでお伺いできなかった、建物の詳しい様子をお聞きすることができました。すると、元々の母屋が古い上に、やはり以前の増築があったりしてかなり複雑な状況になっていらっしゃるのが分かりました。こういったケースの場合、正直なところ、リフォーム会社も受けてくれない場合があります。コンプライアンス的に問題があったり、構造上の判断ができないという理由だったり、さまざまではあるのですが、いずれにしても、実際の状況を詳しく見てもらわない事には、まったく前に進まない状況なのです。そこで、対応してくれる可能性があって、さらに技術力や打合せでの信頼感などを中心に各会社のお話をさせていただき、4社のご紹介をさせていただくことになりました。もちろん、現地を確認した上で、対応ができない場合がありますので、とお断りした上でのご紹介でしたが、複雑な構造だからこそ、どこの会社にでもできる訳ではありません。ぜひ、良いご提案のできる会社があれば、と私も願いつつお客様をお見送りさせていただきました。リフォームの場合、既存の建物の状態によっては、できない工事も出て来たりします。そういった場合には、直接リフォーム会社を探すことは余計に難しいかと思いますので、まずはリフォームコンパスにご相談いただけたらと思います。O様、ご来店ありがとうございました。

増築のご相談

先日、M様がリフォームコンパス東京表参道店にご来店くださいました。ご希望は新築時から部屋を増やすおつもりで設けた吹き抜け部分に予定した通り、お部屋をつくりたい、というもの。当然、当初からの計画ですから、構造的に必要な梁などはすでに架けられています。元々は新築時の業者さんにお願いするつもりだったというM様。ところが、当時のスタッフさんはほとんど辞めていらっしゃって、大掛かりなリフォームをされる方がいらっしゃらなくなったご様子。一応見積りは出てきたようなのですが、お部屋のイメージを表現したパース図も魅力的なものではなく、他にも当たってみようと思われたようです。工事的には決して難しいものではありません。ところが、問題になる可能性のあるポイントがひとつだけありました。それは、今回の工事が「増築」に該当するということ。もし、新築時に容積率(延べ床面積の敷地面積に対する割合が建築基準法上定められているのです)を吹き抜け分を含まずに許容値いっぱいで設計されていたとしたら、今回の工事でオーバーしてしまうことになりかねません。これは、違法工事となってしまいます。M様は様々な資料をご準備下さっていましたので、建築確認申請を出した当時の書類なども拝見させていただきました。すると、容積率の建築可能面積には、お部屋を増やされたとしても収まっている様子でした。そこで初めて、増築の可能性はあるということになります。しかし、今回の工事内容的には、確認申請が必要な工事となりますから、そのあたりの手続きに関しては、リフォーム会社の見解や判断が必要になってきます。そのことを十分にご了解をいただいた上で、いくつかの会社をご紹介させていただくことになりました。実は、増築工事というのは、一般の方が思っていらしゃるよりも複雑で、ハードルは高い工事になります。今回は築年数も浅く、建築基準法上の大幅な改正をまたいでいませんでしたので、確認申請を出したとしても、まだスムーズに通る可能性は高いかと思います。ところが、築年数が古く、その間に建築基準法が改正されていると、以前の基準と法律とが、大幅に変わってしまっていることがあるのです。そうすると、工事を予定していなかったところにまで、法律の制限が及ぶことにもなりかねません。一定の緩和措置などはありますが、なかなか難しいところもあるのです。例えば、部屋が少ない場合など、敷地があれば、増やせばよいという発想にはなりがちですが、できない場合も多いので、やはり専門のところに相談することは重要だと思います。本当にむずかしい場合には、いかに建物の中で間取りを工夫して、より住みやすい形がつくれるかという提案も欲しいところです。リフォームにもさまざまな形のものがあります。迷われたら、ぜひリフォームコンパスまでお問い合わせをいただけたらと思います。M様、ご来店ありがとうございました。

聞きとるチカラ。

先日、目黒にお住いのK様がご家族でリフォームコンパス東京表参道店にお越しくださいました。元々建てられたハウスメーカーとの打合せを終えて、その足でいらっしゃったとのことで小学生のお子様も一緒に来てくださいました。K様のお宅は2x4という構造。壁で家が構成されており、安易に壁を撤去するようなリフォームはできません。そういう意味でも建てられたハウスメーカーにご相談いただいていたのですが、何よりもまず見積り金額が高かったご様子。打合せも、ずいぶん前にお声がけをされていらっしゃったのに、この日が2回目の打合せといいますから、どちらかというと時間がかかっています。時間をかけて出てきた提案内容が、プランはもちろん、金額的にもご納得いただけない様子で色々とお話を伺いながら、リフォーム会社のご案内をさせていただきました。お話をお聞きしていて感じたのは、30年ほど前のご自宅に対するご不満を、奥様が強くお持ちであるということ。おそらく建てられた当時は、そこまで入念な打ち合わせができなかったのでしょう。また、住んでみて初めて分かる部分というのもありますから、致し方のないところもあるかと思います。一方で、建てたメーカーさんとのお打合せにおいても、奥様のご要望はうまく伝わっていなかった様子なのです。もちろん、お客様側から伝えるべきところもあるのでしょうが、むしろ、そういったところは、プロであるリフォーム業者の側から、適切な質問を投げかけるなどで本当の要望を引き出して欲しいところなのです。どうも、高いだけでなく、K様ご一家のお心をつかむことはできていなかったようですね。今回ご紹介させていただいたのは、お客様の暮らしにスポットを当ててしっかりと聞き取りと提案をしてくれる中堅のリフォーム会社と、私自身がすごい…と感心する提案力を持つ地域系のリフォーム会社さんをご紹介させていただきました。きっと、良いお打合せとリフォームができるのではないかな、と私も期待でいっぱいです。ご夫婦共に、少しスッキリしたお顔でお帰りになられました。良いお家ができたときには、ぜひ見せていただきたいと思っています。K様、ご来店ありがとうございました。

ご要望とご予算

先日、少し前にご相談にお越しいただいたK様が再度ご来店くださいました。前回はいろいろとお話をお伺いした上で、4社のご紹介をさせていただいたのですが、その後、各社とお打合せをされ、見積りが出てきた段階であらためてご相談に来て下さったのでした。詳しくお話をお伺いしてみると、それぞれの対応や特徴が見えてきました。当初、ご要望を全部お伝えされた段階で、各社の見積りはほぼ予算オーバーだった様子です。そこから、それぞれに修正案が出てきたものの、どうしても、ご予算内で収めることができなかった様子。プランを見せてもらいましたが、どうしても触る範囲が大きくなってしまっていていずれのプランでも費用はどうしても掛かってしまいそうな感じでした。そんな中、柔軟な提案をしてくれる会社がありました。もちろん、K様のご了解をもらった上で、あえて和室を残すプランを提示してくれたのです。元々、和室は形としては残したいとのご要望でしたから、配置を変えて造り直すよりも、思い切って残した状態で、他の工夫でご要望を満たしていくプランを描いてくれたのです。もちろん、お客様的には妥協点もある訳ですが、やはり重要なご予算の部分を無視して選択する訳にはいきません。その他にも、いろいろと選定に至るポイントはあったのですが、結局、お心は1社に決まっていらっしゃいました。やはり、どれだけお客様に寄り添った提案ができるか、というのは本当に大切な要素なのですね。K様はようやく業者を決定できることに、少し肩の荷が下りたようなホッとした表情をされていらっしゃいました。これから細かな打合せをその1社と進められることになります。ぜひ、じっくりとお打合せいただき、良いお家にしていただきたいなと思いました。K様、ご来店ありがとうございました。

うれしいご来店

先日、以前にご紹介をさせていただいた板橋区のS様があらためてご来店くださいました。とはいっても、今回はご相談ではありませんでした。というのも、すでに1社とご契約を済まされ、いよいよ着工を迎えられるにあたってわざわざお礼に来て下さったのです。私が東京表参道店に赴任して来てから、このような形で再来店いただくのは初めてでしたので驚きと同時に、たいへんな喜びでもありました。S様の業者決定に際しては、実はドラマがありました。とても優秀な地域系の会社の担当者さんと会われて、その提案姿勢や考え方に感銘を受けたS様ご夫婦は、すでにそこで決定をされようという感じでご報告をくださったのです。ところが、もう1社が提案してきているプランが、根本的にご夫婦の発想を覆すような2階にリビングをもってくる、という斬新なもの。奥様は少し気になっていらっしゃったようなのです。そこで私は、そちらのプランが実際に出てきてから決定されても遅くはないことをご説明し、S様ご夫妻もそれを見た上で結論を出そう、ということになりました。さて、実際にプランが出てきてみると…ご予算は少しオーバーはされていた様ですが、そこまでの大きな開きになることもなく、想像を超えた新しい家の姿がそこには描かれていたということでした。当時はそのあたりの詳しい事情はお伺いしていませんでしたので、私たちにとっては、まさかの逆転劇に映った訳なのです。結果的に悩まれたようではありましたが、他社にない柔軟な発想でのプラン提案や、熱意のこもった担当者さんの姿勢、それらを踏まえての決断だったご様子。その後にもいろいろと細かな打合せを経ていよいよご着工を迎えられるのです。ご夫婦ともに、非常に喜んでくださっていて、大変感謝してくださいました。「リフォームコンパスさんにご紹介いただかなければ、出会えない人たちに出会えた」そうおっしゃっていただいたのが印象的でした。これからは、いよいよ夢がカタチになっていく段階です。少し元のお家の面影も残されるように工夫されたようなので、新築とは違った、リフォームの良さが特に出る良いお家になるのではないかと私も期待でいっぱいです。ぜひ、完成されたら見せていただきたいなと思っております。S様、リフォームコンパスのご利用、本当にありがとうございました!

床のふわつき

少し前に、世田谷区のH様がリフォームコンパス東京表参道店にご相談にご来店下さいました。当初は暮らしの診断シートをご入力いただき、メールでやりとりをさせていただいていたのですが、私からのメールの内容などで、「ここなら」と思っていただけたらしく、実際に話を聞いてみようとお越し下さったのです。内容的には、床が一部ふわふわしてきたので、床下をしっかりと補強したいというご要望でした。お伺いしていると、1階の床をめくって、土間のコンクリートを打設するような補強方法を考えていらっしゃるとのこと。「床のふわつき」については、私自身がリフォーム営業をしていた時にも本当に良くお聞きしたキーワードです。直接感じられる明らかな劣化なので、みなさんとても不安に思われるんですね。ところが、経験上でいくと、昔の床組みは根太と呼ばれる桟の上に、直接フローリングを張っていることが多く、床板が長年のうちに強度を失ってくると、その根太の間の部分がふわふわしてくるのです。一方、床組みは実は構造的な要素が非常に少ないところでもあるため、お考えのように基礎部分で土間コンクリートを施工するというのは、直接的な関連が少ないと言えるのです。そのあたりのお話を、やや専門的ではありますが、ご説明させていただき、おそらく床組みをやり替えてあげれば、しっかりした床になるであろうこと、また、現状を見て適切に判断・提案ができる会社に見てもらうことが大切であることをお伝えさせていただき、3社をご紹介することになりました。H様ご夫婦ともに、非常に喜んでいただいたのが印象的でした。そして、その後最終の1社を決めたよ、とご連絡をいただきました。各社ともに非常に親身になって相談にのってくれたらしく、とてもご満足のいく打合せになったご様子でした。いまは最後にアンケートをお待ちしている状態ですが、どのようなご感想を書いていただけるのか、少し楽しみになっています。ぜひ、良いリフォームになって、安心できるお部屋になるといいなと思います。H様、ご来店いただき本当にありがとうございました。